宅建① 

掲載日:


私、進元と一緒に試験合格目指してがんばりましょう。

民法(意思能力・制限行為能力)

未成年者は、その法定代理人が目的を定めないで処分を許した財産を自由に売却することが出来る。

未成年者であっても許可された特定の営業に関しては行為能力を有する。

成年被後見人の婚姻には成年後見人の同意が必要である。

被保佐人が「元本を領収」するには、保佐人の同意をえなければならない。貸付金の弁済を受けることは「元本の領収」にあたり、保佐人の同意を得ない場合、取り消すことができる。

民法(意思表示)

心裡留保の場合、意思表示は原則として有効である。

賃貸借契約においては、目的物件が賃貸人の所有に属するかどうかは、錯誤の要件である「要素の錯誤」とはならない。

相手方の詐欺により意思表示をした者は、重大な過失があっても意思表示を取り消すことができる。

民法(時効)

時効は①請求②差押え③承認によって中断する。

 

 

兵庫県で不動産投資・競売物件・土地活用・太陽光のことなら

M&S不動産株式会社
明石市小久保3丁目5-11
TEL078-924-2882
FAX078-924-2883

 

 

 

 




Mail
Phone
↓